行き詰まりという程でもないのですが、プレイ中のオンラインゲーム。

新アイテムや新マップも実装され、また私もそれなりに強くなり、同盟にも加入しチャットやパーティープレイ等々、楽しんでプレイしています。

しかし、これから先は課金しないと厳しくなってきます。

高いレベルの戦闘スキルは、それを覚える為の巻物が必要になるのですが、手に入れるには材料を集めて巻物を作成しなければなりません。

そしてそのための材料は、現段階では課金で購入する福袋やミニゲームでしか手に入らないのです。

いわゆるガチャアイテムというやつです。

この時点から入手確率は低いかと。

目当てのアイテムを引くまでひたすら金を注ぎ込んでいる猛者もいるようです。

そういったハズレアイテムばかりを高価格で店に出している人を見ると、一体幾ら注ぎ込んだのか、随分無茶しやがると少々気の毒になってきます。

更に、そうやって何度も何度も課金して購入したり、他プレイヤーから高額で買い取ったり(ゲーム内通貨)して首尾良く材料を揃えられたとしても、覚えられるスキルの巻物はランダムに作成されます。

つまり、苦労して材料を集めても、自分の望むスキルを手に入れられる確率はゼロに等しいのです。

入手条件は厳しいですが苦労してクリアすれば手に入るとか、高いが課金すれば手に入るというのならまだ納得出来ます。

課金をしても手に入れられるかは全くの運次第というのは少々酷な気もします。
ミュゼ姫路

先日、文芸書のコーナーで「ママの足は車椅子」という本を見つけたので買ってみました。

交通事故に遭い、28歳という若さで胸から下が不随となってしまった女性が著者です。

大まかな内容は、交通事故で生死の境を彷徨い、命は助かったものの一生車椅子となった時の混乱や絶望、障害との格闘と努力、子の出産、障害を持つ身での育児の大変さ、といった事を綴ったもの。

障害を持つ身から見た社会や環境、精神的・環境的バリアフリーにも訴えかける素晴らしい一冊となっています。

この女性は、そのような身にもかかわらず精力的に子育てをし、今では障害も受容し、講演依頼も殺到、むしろ障害者となった事を機に人生が開けたとまで感じている前向きで素晴らしい女性であると思います。

この本にも引用されていますが、マザー=テレサの言葉で「この世の最大の不幸は、貧しさや病ではなく、誰からも自分が必要とされていないと感じる事である」というものがあります。

有名な言葉なので知っている人も多いのではないでしょうか。

この女性は理解のある夫や家族、友人など、人間関係に恵まれています。

障害を受容し、この女性のように前向きにそれと付き合っていけるか否かは、本人の努力だけでは不可能であり、それを支えてくれる周囲の人間の力も大きいと思います。

人はやはり助け合って始めて社会が形成されていくものだと感じました。
ミュゼ郡山

ダイエット板を読んでいると、みんながんばっているのだから、私もがんばろうという気になる。
なので、おなかがすいたら、ダイエット板を読む。
それでなんとかカバーできる。
おなかがすいたら、ダイエット板を読もう。
でも寝るときにめちゃめちゃおなかがすくのだ。
でも、24時を回ったら、ピザやがしまるので、ほっとする。
どうせもう今日は注文できなくなるって思うから。
親だって苦労しているのに、私ばっかりおいしい思いして、もうしわけないなあ。
私って、ラッキーだなあ。
親からの援助がいくらかあるし。
携帯代は無料だし。
ピザだって携帯払いで頼めるし。
親は何もいってこないから、その携帯料金でなんとかなっているのだろう。
腹が減った。
腹が減ったらダイエット板だ。
おなかがすいても、みんな我慢しているのだ。
私だってがまんする。
しばらくは、PCに向かっていると、空腹がまぎれる。
PCに向かっていると、おなかがすいても、ぜんぜん平気なのだ。
あとは、IPHONE見ているときは、ぜんぜんおなかが減らないので、がまんできる。
だから、ダイエットにはネットが一番だ。
PCを見ているときと、IPHONEを見てみるときは、おなかが減っても平気なのだ。
私ってネット中毒だよなあ。
ミュゼ那覇

今はいろいろ忙しくてなかなか時間が取れない。

でも去年はそんな忙しいながらもライブへたくさん行ってたから、行きたくて行きたくて我慢してます。

去年の今頃は…とか去年のこの時間は…とか考えると少し寂しい感じも…。

でも今頑張らないと先々ライブに行くことも出来なくなるから、それを考えると本当に今は我慢するしかないんだな…と空いた時間に動画を観てる。

グッズとかは通販で買えるからいいけど、それもライブに行かないと何か少し嬉しい気分も半減してる気がする。

去年とかもう少し前は忙しくても趣味を諦めるなんてしたくないとか言ってたけどそんなわけにも行かないのも改めて身にしみる…。

美味しいものでも食べて気をまぎらわせたいな…なんて思うけど忙しさの疲れから食欲もあんまり無かったりする。

何かライブ行く以外に時間があまりない人でもできる趣味とかないかなー。

仕事とか家事だけじゃつまんないよね。

友達も忙しいし遊ぶ機会も減ったからゆっくり話す事も出来ないし…何か良いことないかな。

明日は珍しく忙しくないからのんびり帰りにでもファミレスに行ってみたりしようかな?きっと気分も少しは変わって良いこと思いついたりするといいなーなんて思う。

ミュゼ浦和

腹筋の後は三角筋のトレーニングをおこないました。

三角筋のトレーニングも頻度が高く週に3~4回しています。
そして一番発達させたい部分なのでその日のトレーニングの一番最後に持ってきてあらかじめ決めておいたセット数や種目を丁寧にやっています。

しかし最近は考えも変わり週に3~4回しているなら種目はその場のベンチやマシンの空き具合の状況で決める事にしました。
前まではマシンやベンチが空くまで待っていたのですが今考えると時間の無駄であり決めた種目・セット数をしたからといって必ずしも結果が出るわけではないので拘らない様にしました。

今回は時間もないので1種目目に三角筋前部を鍛えるダンベルアーノルドプレスをおこないXFITに書いてあったボトムポジションで通常の肘の高さよりも高くキープする方法でやりました。
感想としては私がまだまだ下手なだけかもしれませんが肘をいつも通りに下ろした方が三角筋前部がより伸展されるように感じました。

2種目目は三角筋後部を鍛えるダンベルリアレイズをおこなってからケーブルマシンにワンハンドルを設置しケーブルリアレイズをおこないました。
ケーブル種目は負荷が抜けにくいので好んでおこなっています。

3種目目はそのままケーブルマシンで三角筋中部を鍛えるケーブルサイドレイズをおこないました。
そして最後にダンベルアップライトロウをして終了しました。

ミュゼ丸亀

先日、従妹が東京まで遊びに来たんです。
おばあちゃん家に泊まりに来ていたようでおばあちゃんからメールで家に来るように言われたんです。
しかも、個人的に私に来てほしいと言われて次の日に行ってきました。
従妹は地方に住んでいるので東京で働いてる私がカッコよいと憧れているみたいで従妹にデパートのケーキを持って会いに行きました。
そしたら、すごく喜んでくれてやっぱり従妹って可愛いなあなんて思いながら話してました。
まだ中学生なんですけど、東京の大学に行きたいなんて話とかいろいろ聞いたんですけど、一番の目的は私がパスタが大好きなので料理をふるまいたかったらしくおばあちゃんと二人で従妹のつくるパスタをいただきました。
そしたら、最初全然期待してなかったんですけど、すっごい美味しくてびっくりしました。
何でも実家でお洒落なものが食べたいってよく言ってるらしく、家でパスタばっかり作って毎日おばさんやおじさんはパスタを食べさせられてるって言ってました。
でも、本当に美味しくてしかも私の大好きなトマトクリームパスタだったんです。
チーズもたっぷり入っていて幸せでした。
今度はうちの実家に来て料理をふるまってくれるみたいです。
きっとお母さんが喜ぶのでいつでも来てねなんて言っちゃいました。
中学生から私もちゃんと料理とか作れるようにしておけばよかったなって思っちゃいました。
でも、従妹が女子力が高くってちょっと安心しました。
いい女になってほしいですね。

ミュゼ山形

私は先日友達が持っているRV車に乗せてもらいました。

外見からするとごく普通の3ナンバーの少し高級なRV車だったのですが私が乗っている軽自動車よりは圧倒的に性能も快適性も良いので少し楽しみでいました。

しかし実際に乗り込んでみると思わぬ所で驚いてしまいました。

シートよさや空間が広い事よりもカーナビのモニタの上にもう1台モニタがありそこに映っている画面がパソコンの画面だったのです。

実際に画面をタッチして操作をするとしっかりとパソコンとして動作をしていました。

友達が慣れた手つきで音楽ソフトを起動させると膨大な曲数のリストが出て来ました。

音声はカーナビを経由して車のスピーカーから鳴るようなっていました。

私はすごいと思いながらもなぜ車にパソコンを入れる必要性があるのか疑問でした。

音楽を聴くだけならカーナビにも内臓できるはずだと思ったからです。

友達はカーナビに保存できる音楽の数に限りがあったりフォーマットによっては再生ができなかったりと制限があり、m
曲のタイトルが上手く表示されなかったりもするのでカーナビの仕様に合わせて変換する作業が面倒だからだそうです。

さらに外出先の駐車場で動画を見たりインターネットに接続して閲覧したり、リアルタイムで地図情報を出したりとパソコンを外出先で使うメリットも多いのでフル活動したいと言っていました。

パソコンスペックは市場で売られているノートパソコンと同じ高性能で大容量のフラッシュメモリやGPSを搭載していました。

高性能なカーナビ本体と変わらない値段です。

実際に移動しながら普段自宅で見ている地図に現在地が表示されたり渋滞情報をいち早くリアルタイムに調べたりとパソコンの自由さを車内で実現しているのを見て私も自分の車にパソコンをつけたいと思うようになりました。

カーナビはとても便利ですがやはりパソコンの自由さには叶わないからです。

中古車買取